お仕事ファイル:公認会計士について|転職求人速報雑誌[いよすた]web版

転職求人速報雑誌[いよすた]web版 > お仕事ファイル > その他 > お仕事ファイル:公認会計士について

公認会計士のお仕事とは

公認会計士になるためには、国家資格である、公認会計士試験への合格が必須です。試験内容は、第一次・第二次・第三次と別れており、第三次へ合格した後、協会に登録してはじめて資格の取得となります。

どういったことをするの?

企業では、少なくとも年に1回、「決算」が行われます。自社の財政の状態や、経営成績を財務諸表に表して公表するのが、その流れです。その作成の際、信頼できるものであるか否かを示す為、公平な第三者の立場で監査して証明するのが、公認会計士のお仕事です。

転職者はどんな人がいるの?

資格の取得には膨大な時間と労力を要します。何らかの片手間で取得するのは難しい資格。そのため、他業種からの転職はなかなかありません。同業種間内での転職ばかりですね。

やりがい

企業の決算を見守ることは、消費者を守ることでもあり、ひいては、その企業を守ることにもつながります。とても重要なお仕事です。

この仕事のマナー

役目上、上から目線で仕事を行う方がいるのも事実。でも、それはいけません。企業に敬意を払い、しっかりと礼節を重んじてこその職業です。

実際に働いている人

沢辺馨さんから

公認会計士として働いて、もう10年になりました。先輩からは、この時期が「慣れ」で一番見落とししやすいと聞いていますので、気を付けています。

今何をしているのか?

企業の監査です。大きな変更はありません。

失敗談

お仕事には出張も伴うのですが、最近電車の中で寝過ごしてしまったことが……。

関連記事情報

人気のワード

Copyright(c) 2018 転職求人速報雑誌[いよすた]web版 All rights reserved.