お仕事ファイル:オプティシャンについて|転職求人速報雑誌[いよすた]web版

転職求人速報雑誌[いよすた]web版 > お仕事ファイル > 販売・接客 > お仕事ファイル:オプティシャンについて

オプティシャンのお仕事とは

オプティシャンのご紹介です。聞き慣れない言葉ですが、結構知られた職業です。日本語では「眼鏡技術者」です。

どういったことをするの?

視力の測定、その人の目の状態に適合した商品の選定・販売、目の状態を知った上でのアドバイス、視覚機能のトレーニングなどが、メインとなるお仕事です。メガネが合わないと、体にも悪影響を及ぼしてしまうため、商品の選定には非常に気を遣います。

転職者はどんな人がいるの?

資格の取得ではなく、とにかく経験が重要となるお仕事ですので、眼鏡店で働いたことのある方が多いですね。

やりがい

お客さまに必要なメガネの状態を、しっかりとお伝えすることです。メガネは、デザインも大事にしたいものですが、やはり「キチンとした視力矯正」ができてこそですので。

この仕事のマナー

お客さまのご要望を、しっかりとお聞きする姿勢です。これは、必須!

実際に働いている人

川平田エリさんから

私自身がずっと「メガネ」で、それをからかわれたこともあるので、きちんと「個性」として輝けるようなメガネを作れる人になりたいです。

今何をしているのか?

術前・術後の、視覚機能トレーニングに従事しています。少しでも快適な生活が送れるようになるための手助けですね。

失敗談

良かれと思い、いろいろな商品をオススメしたことがあったのですが、剣幕に驚いたのか、逃げていってしまったことがありました。

関連記事情報

人気のワード

Copyright(c) 2018 転職求人速報雑誌[いよすた]web版 All rights reserved.