お仕事ファイル:ピアノ調律師について|転職求人速報雑誌[いよすた]web版

転職求人速報雑誌[いよすた]web版 > お仕事ファイル > その他 > お仕事ファイル:ピアノ調律師について

ピアノ調律師のお仕事とは

ピアノ調律師のご紹介です。免許制ではありませんが「ピアノ調律技能士」という国家資格があり、取得するためには、ピアノ調律養成専門学校などにて調律を学び、楽器店などで実務経験を積む必要があります。ちなみに、学校での養成期間は、1~2年と言われています。

どういったことをするの?

学校や家庭に出向き、ピアノの調律を行い、保守を専門とするお仕事です。ピアノは、複雑かつデリケートな楽器ですので、演奏者自身が調整することは難しいのです。

転職者はどんな人がいるの?

調律を学んだ後、調律師になる方と、ピアノ製造に関わる方がおられます。それらのお仕事間で、転職をされることが多いですね。

やりがい

最高のお仕事は、コンサートチューナー。コンサート用のグランドピアノの調律を行うお仕事です。ここに向かうために、日々、がんばっていますね。

この仕事のマナー

大切なピアノに触れますので、細心の注意を払います。身なりや清潔感も重要です。

実際に働いている人

村上隆平さんから

元々は、ピアノを演奏する側でした。その中で、調律師に興味を抱き、この道に進みました。

今何をしているのか?

学校や専門学校などの専属として、常に何箇所も回っていますね。

失敗談

靴を脱いでの作業になることが多いのですが、ある日、靴下のかかとの部分に大きな穴があいていまして……。とても恥ずかしい思いをしました(笑)

関連記事情報

人気のワード

Copyright(c) 2017 転職求人速報雑誌[いよすた]web版 All rights reserved.